妻の女心に火をつけた妻の浮気相手の凄すぎるテクニック!妻への無関心さが招いた夫の悲劇

好きなの?嫌いなの?焦らされる心

こうしてはじまったKさんとのライン。たわいもないKさんとのやりとりは、ゆきこさんの心を優しく包み込んでくれました。心が徐々にほぐれて行く感覚を肌で感じながら、彼からのラインを毎日心待ちにするゆきこさんでした。

文字だけの会話が次から次にリレーする。ラインで繋がっていることが何よりも嬉しくて、幸せで泣けて来るほどでした。

Kさんのお陰で夫に対して優しくなれている。夫に対して今までみたいにイライラすることもない。ゆきこさんの夫への感情ははこうして平穏に保たれていました。

しかし、一方で平穏でないのは、日ごとに増していくKさんへの恋心の方です。

たった一度会っただけ。しかも、お客として行った先の美容師さんに恋をしてしまうなんて。

毎日毎日、朝から晩までゆきこさんの頭の中はKさんの事でいっぱいになります。

だけども二人には愛のささやきや甘い言葉はなどはありません。

自分のことをどう思っているのかわからないまま、もどかしい時間が過ぎて行きました。

だけども、お互い家庭を持つ身。

これ以上何かを求めたりしてはいけない。

と自分の今にも溢れ出しそうな気持ちを必死に押し殺すゆきこさんでした。

テクニシャン男からの素敵すぎる告白

そんな切ない時間を過ごすゆきこさんの心を見透かすかのように、送られてきたKさんからのメッセージ。

K
K

for Yukiko

久保田利伸 “missing“  

言葉にできるなら少しはましさ
互いの胸の中は手に取れるほどなのに
震える瞳が語りかけてた
出会いがもっと早ければと 

I LOVE YOU 叶わないものならば
いっそ忘れたいのに忘れられない全てが
I MISS YOU 許されることならば
抱きしめていたいのさ光の午後も星の夜も Baby

ゆきこ
ゆきこ

Kさん、ずるいよ・・・。こんな曲、送ってくるなんて、ずるいよ・・・

ゆきこ
ゆきこ

あいたいよ・・・

K
K

今から迎えに行く

ゆきこさんを待っていたのは、真っ白いスポーツカー。ポルシェだった。オレンジ色のハザードランプに吸い寄せられる蛍のように、ゆきこさんはその車へ近寄って行きました。運転席から降りてきたkさんは、少し照れ臭そうにはにかみながら、彼女を見つめ、その頬にそっと触れます。優しくてあたたかい彼の手。嬉し過ぎて息ができないほどでした。彼女を乗せた車は。湾岸線を走っています。堺泉北臨海工業地帯のプラント群。まるで現実じゃない世界にいるようなシュチュエーションの中、揺らめく夜景に酔いしれながら、これから起きることに・・期待してしまうゆきこさんでした。

筆者からひとこと

はい!ここでひとこと忠告させて頂きます。

この男、そうとうなテクニシャンである可能性が大!大!大!!ですよ。

人気サロンのオーナーで、イケメンで、スタイルも良くて、お金も持っていて、しかも、乗ってる車はポルシェ!!!!

女子なら速攻でメロメロになってしまうのは当たり前!!

出会ってしばらくは、わざとお預け状態にさせて、不安にさせて、切なくさせて…

そして女子の気持ちが、もぉだめーーーっと高ぶったところで、超超胸きゅんきゅんな事をしてくる。

久保田利伸の“missing”

互いの気持ちは手に取れるほどわかる、とかなんとか出会いがもっと早ければとか

これ全部、僕の気持ちだよ〜みたいな?!

カッコいい男子が、こんな曲を寂しい既婚女子に送ればゆきこさんじゃなくても落ちる!一瞬で落ちます!

そして、阪神高速湾岸線、堺泉北臨海工業地帯のプラント群のきれいな工業夜景なんか見せらてしまったものなら、本当メロメロパンチでノックアウトです。彼は完全に女子の心を知り尽くした男子です。これ何もかも計算済みですょ。モテなくてお困りの男子はご参考になさって下さい。

でも、まぁ、相手がテクニシャン男子であれ、なんであれ、お互いが納得して、心が潤い、元気になれる恋なら、不倫な恋でも楽しんでいいと私は思います。

ただし、リスクは当然ながらございます。既婚者✖️独身者よりも、既婚者✖️既婚者の方が後々トラブルになる可能性は少ないものの、大なり小なりリスクは伴った恋であることは認識しておきましょう。

節度を守り誰も傷つけては絶対にいけませんよ。

隠し通す自信と嘘を突き通す自信がないのなら、不倫はしてはいけません。やめておきましょう。

さて、このあとゆきこさんは、予想通りズルズルと抜け出せない愛の渦へ引きずり込まれて行きます。

焦らされたキスで燃え上がる気持ち

彼が車が停めた海の向こうには、堺泉北臨海工業地帯のプラント群。青い光や赤い光が美しく怪しく揺らめいています。

車の中からその夜景を眺めながら、怪しくも幸せな時間がゆっくりと流れます。時折の沈黙・・・その度にドキドキしながら、彼からのキスを待つ。準備と覚悟は出来ている。だけども彼はなかなかキスをしてこない。早くそのくちびるに触れたい。早くちびるを奪ってほしい。キスキスキス・・・・。その瞬間を今か今かとドキドキしながら待つゆきこさんでしたが、結局、その日は何もなく、手さえ握ってくれませんでした。

久保田利伸 “missing“  あの曲はなんだったの?

ゆきこさんの気持ちは、悶々とします。私のこと別になんとも思ってないの?あの曲は単純に、彼が好きな曲だっただけ?あんなに優しい瞳で私を見つめ、優しい手で私の頬を包んでくれたよね?あれはなんだったの???もう何がなんだかわからなくなってきて、不安な気持ちが膨らむのと同時に、彼に対する気持ちもどんどんどんどん膨らんでいくのでした。

筆者からひとこと

はい!これも彼の作戦です。焦らして焦らして焦らしまくる作戦です。焦らされる女子は不安になり、相手への思いがどんどん加速してしまう女心を利用しているのです。そしてもう一つは、相手の心を誘導し、その気にさせ、相手からのアクションを待つ。これはいざトラブルになった時に、君から僕を誘ったよね。という逃げ道作って自分は責任から逃れる。という保険をかけているのかもしれません。ゆきこさんは、とんでもない男に引っかかってしまったのかもしれません。

彼が仕掛けた罠?それとも甘い恋? つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です